ねばーまいんど

エレキギター初心者にエフェクターを買う必要性はある?種類は何が良いの?!

エレキギター初心者にエフェクターは必要なの?

 

f:id:kspippi:20170222123232j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はですね、エレキギター初心者にエフェクターを買う必要性はあるのか。こちらについて見ていきたいと思います。

 

なので、エレキギター初心者の方で、エフェクターを買おうか迷っていた方は、最後までお話を聞いて頂けると嬉しいです。

 

それでは、さっそくいってみましょう!

 

エレキギター初心者にエフェクターは必要!

 

断言します。エレキギター初心者の方にエフェクターは必要です。

 

それこそギターアンプやチューナーと同じくらい、エフェクターを買う必要性があると思います。

 

そしてこれには、3つの理由があります。

 

では、以下3つの見出しに分けて、これらを解説していきますね。

 

エレキギター初心者にエフェクターが必要な理由その1:いずれ必要になるから

 

エフェクターとエレキギターは、切っても切れない関係にあります。

 

エレキギターの役目は、主に楽曲の装飾です。様々な音色を使い、演奏する曲を彩っていくのが仕事なんですよ。

 

で、たくさんの音色を使うためには、エフェクターが必要不可欠です。これがないと音色のバリエーションが増えず、そのせいで弾けない曲が出てきたりします。

 

つまり、エフェクターはいずれ必要になるのです。

 

もちろん、エレキギターを買ったばかりの時は、その自覚はないでしょう。しかし、遠からずエフェクターの必要性を感じる場面は、必ずあなたの元に訪れます。

 

なら、初心者のうちにエフェクターを買っておいた方が、後々対応しやすいですよね。どうせ必要になるのなら、先に買っておきましょうと。そういうことです。

 

エレキギター初心者にエフェクターが必要な理由その2:音作りの練習になるから

 

エレキギターにおける練習とは、何も演奏技術の向上だけではありません。

 

音色を作る練習もまた、必要不可欠なのです。

 

僕の知り合いに、めちゃくちゃギターが上手な子がいます。その子は本当に演奏力が高くて、それはもう機械かよってくらい正確な演奏が出来ちゃいます。

 

でも、音色を作るのがヘタクソなんです。

 

だから聞こえてくる音は、正直聞けたものじゃありません。演奏はめちゃくちゃ上手いのに、音がヒドいせいで聞くに耐えないんですよ。

 

この事例から、音色を作る練習の必要性がお分かり頂けると思います。そしてその練習にうってつけなのが、エフェクターなんです。

 

だから、初心者のうちからエフェクターに慣れておいて、演奏技術の向上と共に、音作りの練習にも励みましょうと。そういうことですね。

 

最初に買うべきエフェクターの種類って?

 

これまでのお話で、エフェクターの必要性をある程度お分かり頂けたのではないでしょうか。

 

ここからは最初に買うべきエフェクターの種類。こちらについてお話ししていきたいと思います。

 

これはもう即答で、歪み系のエフェクターを買うべきです。

 

歪み系のエフェクターとは、音を歪ませる機材です。主にロック・ポップスで聞ける、「ジャーン!」という激しい音があるじゃないですか? ああいうのを歪みって言うんですよ。

 

で、歪み系エフェクターには、主に2種類があります。当然ながら、それぞれで特徴が違いますので、ここで少し解説を入れたいと思います。

 

歪み系エフェクターの種類その1:オーバードライブ

 

歪み系の中でも、特に定番視されているのがオーバードライブです。

 

自然な歪みが特徴で、数ある歪み系の中でも一番オーソドックスなタイプですね。

 

出音がナチュラルで、あまり作り込んだ感がないのが魅力的です!

 

一方で、歪みの量にはあまり期待出来ません。要は、メタル・ハードロックみたいな、めちゃくちゃ激しい音は出せませんよーって事です。

 

ただそれでも、多くの曲はオーバードライブで賄えます。なので、あなたにもし音楽ジャンルのこだわりがないのであれば、オーバードライブが適していると思います。

 

歪み系エフェクターの種類その2:ディストーション

 

次に紹介したいのが、ディストーションです。こちらもオーバードライブ同様、歪み系エフェクターの定番とされています。

 

特徴は、人工的で荒々しい歪みにあります。

 

先ほどのオーバードライブが自然な歪みなのに対し、こっちは人工的な歪み。オーバードライブでは決して作る事が出来ない、ディストーションならではの激しい音を出せちゃいます。

 

だから、メタルとかハードロックなど、とにかく激しい音が求められる音楽をやりたい人は、ディストーションの方がおすすめですね!

 

終わりに

 

長々となりましたし、最後にまとめに入りたいと思います。

 

  • エレキギター初心者にエフェクターは必要!
  • 最初に買うエフェクターは歪み系がおすすめ!
  • 音楽ジャンルにこだわらず、色々な音楽をやりたい人はオーバードライブ!
  • メタルやハードロックなど、激しい音楽が好きな人はディストーション!

 

ではでは、今回のお話は以上です。

 

またお会いしましょう。