ねばーまいんど

エレキギター初心者がアンプ無しだと上達が3倍遅くなるって知ってた?

アンプ無しでエレキギターを始めるのはマジでヤバい!

 

f:id:kspippi:20170225192357j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

エレキギターを始めたばかりの頃って、アンプを買うかどうか悩みますよね。

 

この記事に訪れたあなたも、きっとそうだと思います。

 

もちろんアンプを買う人もいるんですけど、中にはこんな人がいます。

 

「まだエレキギターを始めたばかりだし、アンプなんて必要ねーし!」

 

このように、アンプを買わない派の人たちですね。

 

もちろんアンプを買うかどうかなんて、個人の自由です。誰も強制する事なんて出来ません。

 

ですがこれだけは言えます。アンプが無いと、エレキギターの上達が3倍くらい遅くなってしまいます。これマジです。

 

今日はそこの所を詳しく掘り下げ、アンプの存在がいかに重要なのか。その必要性についてお話ししていきたいと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

アンプとエレキギターはセットで考えよう!

 

エレキギターとアンプは、基本的にセットで考えましょう。

 

これは初心者セットを買いましょうと言っているのではなく、エレキギターはアンプと一緒に使って初めて1つになれる、言う意味です。

 

なぜなら、エレキギターは単品では音を出すことが出来ないからです。アンプを使って初めて音を出すことが可能なんですよ。

 

だから、エレキギターとアンプは2つで1つ。つまりニコイチ、もっと強く言うと運命共同体というワケです。

 

これでアンプの必要性はご理解頂けたと思います。ですが、こんな声が聞こえてきそうですね。

 

「それは分かったけど、アンプがなくても練習は出来るよね?」

 

これはめちゃくちゃ良く聞く理由です。僕が楽器屋店員をやっていた頃、年間で何百回聞いたか分かりません。笑

 

しかしそれを言われる度に、僕は負けじとアンプの必要性を説いていました。今回も同様に高説垂れていこうと思います。笑

 

’’アンプがなくても練習が出来る’’は大間違い!

 

確かにアンプがなくても、ギターの練習は可能です。弾くこと自体は出来ますから、一応の練習は出来るんですよ。

 

ですが、練習の範囲はめっちゃくちゃ限られてしまいます。しかも、大事な事が練習出来ないときました。これは大問題ですね〜。

 

アンプを使わずに出来るのは、せいぜい曲やフレーズを覚えることだけです。上達に大事な部分をまかなうことは出来ません。

 

では、その’’上達に大事な部分’’とはいったい何なのでしょうか? 気になりますよね〜。

 

これにはいくつかあるんですが、今回は特に大事な2つについて、お話しさせて頂きますね!

 

ミュート

 

アンプがないと絶対に練習出来ないテクニックのひとつに、ミュートと言うものがあります。

 

これは直訳すれば消音すると言う意味ですが、エレキギターにおいては余計な弦を鳴らさないと言う意味で使われます。

 

そしてミュートは、数あるエレキギターのテクニックの中でも、

 

1、2を争うくらい重要

 

なテクニックなんです。まずはコレを認識して下さい。

 

では、ここでひとつ例を挙げますね。

 

例えばDコードを弾くとしましょう。このコードで使われる指は3本ですよね? なので当然押さえる弦も合計3本です。

 

それと、4弦は解放ですよね。こちらは押さなくて良いんですが、きちんと鳴らす必要はあります。

 

よって、Dコードで鳴らすのは1〜4弦のみですね。そしてそれ以外の弦は、絶対に鳴らしてはいけません。

 

ですがここでミュートが甘いと、1〜4弦以外も鳴らしてしまいます。なので、きちんとDコードが弾けていない……と言うことになっちゃうんです。

 

それに余計な音が出ることで、’’何を弾いているのか分からない’’なんて事になります。ドレミのドだけを鳴らさないといけないのに、一緒にレとかファとかが鳴っていたら意味不明ですよね?

 

他にもこういった場面が出てきますが、不要な弦の振動を確認するためには、必ずアンプを使う必要があります。アンプに繋いでいない状態で練習をしても、絶対に気づく事はありません。

 

だからアンプが必要なのです!

 

音作り

 

音作りとは、そのままの意味です。エレキギターの音色を作る、という事ですね。

 

これはもちろん、アンプを使わないと出来ません。何せエレキギターの音色は90パーくらいはアンプに依存しています。だから音作りには、アンプの存在が必要不可欠です。

 

それと、音作りはギタリストにとって絶対に欠かせないファクターです。

 

いくら演奏が上手で、そこだけがプロ並みだったとしても、音色がヒドければ台無しです。悪い音を聞かされるお客さんはたまったもんじゃないでしょうし、バンドメンバーからも評価されません。

 

まるで某ジャイアンのリサイタルのように、誰からも認められないんです。

 

しかし、音作りが下手で困るのはコレだけではありません。もう1つ大きな問題があるんです。

 

それはバンド練習で起こります。なんと音作りがヘタクソだと、自分のギターの音が他の楽器に埋もれてしまうという、意味の分からない現象が起きるんです。

 

これは音作りでしか解決出来ません。いくらヴォリュームをガンガンに上げようと、音色がきちんと作られていないと絶対に改善出来ないんですよ。

 

目立ってなんぼのギターなのに、音が聞こえないとか話になりませんよね?笑 この場合、下手をすればベースの方がちゃんと聞こえるなんて事も普通にあり得ますから、ギタリストはかなり悔しい想いをすること間違いなしです。

 

このような不都合を防ぐためにも、音作りの練習は必須なのです。そしてそのためには、まずアンプを用意しなければ始まりません。

 

だからアンプが必要なのです!

 

上達が3倍遅くならないために、必ずアンプを買おう!

 

アンプを使わずに練習する人は、他のギタリストと比較して、上達が大幅に遅い傾向があります。

 

それこそ3倍くらい遅いです。僕は今までエレキギター初心者の人たちを何人も見てきましたが、アンプ無しで練習している人は、その他の人たちに比べて、マジで3倍くらい上達が遅いと感じます。

 

だから、もしもあなたがアンプ無しでエレキギターを始めようとしているならば、考えを改められる事を強くおすすめさせて頂きます。

 

では、今回のお話は以上です。

 

またお会いしましょう。

 

【コチラの記事もどうぞ!】

マンションでもエレキギターをアンプを使って弾きたい!騒音対策に効果抜群なとある1つのアイテムとは?